バレンとチョコ_170914_0109

ペットショップで子犬を飼うということ 2

UGのリーダー犬だったトイプードルのバレンが卒業しました。

今回の記事はバレンの卒業を通して、改めて子犬を飼うことについて見直したり、考えるきっかけになればと思います。

バレンは、生後2か月で、女の子のトイプードルと一緒にUGにやってきました。

UGに来たのが2月だったので、バレンタインから、男の子はバレン、女の子はチョコという呼び名になりました。

バレンとチョコ_170914_0028

左がバレン、右がチョコ。

バレンとチョコ_170914_0122

2頭とも、

バレンとチョコ_170914_0123

元気いっぱい。

バレンとチョコ_170914_0124

これからUGで大切に育てながら成長していきます。

バレンとチョコ_170914_0125

それにしても可愛い。

バレンとチョコ_170914_0129

同じブリーダーさんのところから来た2頭ですが、本当の兄妹ではありません。

バレンとチョコ_170914_0128

それでも仲良く、

バレンとチョコ_170914_0126

一緒に頑張りまーす!!

バレンとチョコ_170914_0028

こうしてバレンとチョコはUGに仲間入りしました。

バレンとチョコ_170914_0081

生まれて初めて見る、肉付き馬背すじに興味津々。

バレンとチョコ_170914_0079

病院で健康診断をするまでは少しの時間、ケージで過ごしてもらいます。

バレンとチョコ_170914_0078

バレンとチョコで遊ぶだけだと飽きてしまうので、

バレンとチョコ_170914_0080

まだ全然噛み千切るなどは出来ませんが、

バレンとチョコ_170914_0077

匂いや噛んだ時の噛み心地などは立派な脳への刺激になります。

バレンとチョコ_170914_0076

慣れてくると大きな口を開けてがじがじと。

バレンとチョコ_170914_0077

子犬に固めのおやつを与える時は、誤飲しないように噛んでいる間は必ず人が見ているようにしましょう。

バレンとチョコ_170914_0075

この場合、噛みきれないのはわかって与えていますが、まれに顎の力が強い子犬はどんどん噛めてしまうことがあります。

バレンとチョコ_170914_0074

その場合は、まだ消化器系が弱い子犬だとお腹がゆるくなることもあるので、その時はおもちゃなどに切り替えてください。

バレンとチョコ_170914_0073

と、早速、話しが脱線しましたが、こうやって引っ張りあいっこなどをしながら噛むおやつは最高に美味しくて、楽しいですね。

バレンとチョコ_170914_0072

巻いてある肉が美味しいと気が付いたバレン。

バレンとチョコ_170914_0071

バレンが噛み終わるのを虎視眈々と狙うチョコ。

バレンとチョコ_170914_0070

渡さないよー

バレンとチョコ_170914_0069

この後、チョコにあっさりと奪われました笑

バレンとチョコ_170914_0068

ずっと見ていても飽きません。

バレンとチョコ_170914_0057

健康状態に問題がないと先生に言っていただいたら、いよいよ群れの中へ。

バレンとチョコ_170914_0058

初めて見るフレンチブルドッグのバロンの大きさにビビりまくる2頭w

でも、バロンが一番優しく、守ってくれることをまだこの子達は知らないのです笑

バレンとチョコ_170914_0056

ちょっとドキドキする・・・

バレンとチョコ_170914_0067

実は、この子達は初めて最初から群れで育てる子犬でした。

それまでは、ケージでの展示方法でしたが、ある日ふと気が付きました。

子犬を展示していても、どのお客様にでお渡しするわけではないですし、接客することは少なく、抱っこ商法で盛り上げて子犬を勧めるなどはもっての他、小さな月齢を売りに可愛いですよ、大きくなりませんよ、大人しいですよという何の根拠もないペットショップお決まりのセールストークをすることもなく、基本的に最低限の社会化が終わる生後4か月まではお客様へのお渡しはありません。

むしろ、もっといていいくらいですね。

あれ?

時間をかけて、育てながら子犬を販売するのであれば、ケージに入れてわざわざ小さな子犬がいますよというアピールをする必要はないのでは?と思ったのです。

この子が欲しいとお客様が仰っても、私がちょっと違うなと思ったらお渡ししません。

バレンとチョコ_170914_0120

それならば、群れの中でルールを学びながら、元気に育った子をお渡ししたいと思いました。

バレンとチョコ_170914_0121

その時にいるメンバーや、疲れが出すぎないように昼寝もきちんとさせながら、様子を見ながらバレンとチョコを育てることにしました。

バレンとチョコ_170914_0117

かくして、子犬が展示されていたケージは物販スペースとなったのです笑

バレンとチョコ_170914_0118

合宿の子達と同じように、群れの中でルールを学びながら成長していく。

バレンとチョコ_170914_0116

ケージの中とは段違いの刺激と経験を得ることが出来ます。

ていうか、早くこのやり方にすればよかったです・・・

バレンとチョコ_170914_0113

それでも、小さな子犬をフリーで育てるということはリスクもあります。

体も小さく、体力を見ながら、細心の注意を払って育てなければいけません。

それでも、群れの中で子犬を育てることは、多大なメリットがあると判断しました。

バレンとチョコ_170914_0114

子犬は目に入るもの、

バレンとチョコ_170914_0111

口に入るものは何でも噛みます。

バレンとチョコ_170914_0108

その中で色々と学習していくのです。

バレンとチョコ_170914_0109

紐なんかよりもっと面白いのがあるよー。

バレンとチョコ_170914_0107

初めて見るおもちゃ。

バレンとチョコ_170914_0082

リーダー犬の琥二郎にご挨拶。

バレンとチョコ_170914_0105

琥二郎の後にリーダー犬となるみやびにも挨拶。

バレンとチョコ_170914_0104

挨拶なのかそれ?

バレンとチョコ_170914_0101

絶対的な強さを持ったみやびにべったりになっていくバレン。

バレンとチョコ_170914_0100

チョコはふーん。って感じ笑

バレンとチョコ_170914_0083

少しずつ慣れていこう。

バレンとチョコ_170914_0084

ルンルン。

バレンとチョコ_170914_0085

チョコ、凛々しい写真が多いなw

バレンとチョコ_170914_0086

最初はよちよち歩きだった子犬。

バレンとチョコ_170914_0087

遊びもなんだか軟体生物のようにふにゃふにゃです笑

バレンとチョコ_170914_0090

時には、

バレンとチョコ_170914_0088

ベッドから落ちたり笑

バレンとチョコ_170914_0093

ものすごい勢いで成長していく子犬たち。

バレンとチョコ_170914_0096

遊んで、

バレンとチョコ_170914_0002

寝て、

バレンとチョコ_170914_0005

遊んで、

バレンとチョコ_170914_0004

寝る。

バレンとチョコ_170914_0006

暴れて、

バレンとチョコ_170914_0099

先輩に甘えて、

バレンとチョコ_170914_0098

時にはしつこすぎて叱られて、

バレンとチョコ_170914_0097

それでも、やっぱり先輩は優しく見守ってくれます。

バレンとチョコ_170914_0010

UGの子犬たちは合宿組の子達のよき友にもなります。

バレンとチョコ_170914_0009

合宿組のミックス犬のまろんちゃんとはすぐに仲良しになりました。

バレンとチョコ_170914_0008

合宿に来る子犬たちは、早くに親兄弟から離され、犬同士の挨拶や遊び方を知らないままにペットショップからお客様のお家に行き、そこでこんなはずでは無かった・・となった子犬たちが多いです。

バレンとチョコ_170914_0011

そんな子達の気持ちを受け止めるのがUGの子犬なのです。

UGの子犬もたくさんの犬と会って、たくさんの経験を得て育っていきます。

合宿に来る子犬たちは、桁外れの強さを持っていたり、それにお客様が付いていけなかったり、間違ったしつけ方法で、余計に関係がぎくしゃくしてしまったり。

これも何度も書いていますが、子犬は噛んで、走るのは当たり前のことで一概に問題行動とは呼べないのです。

バレンとチョコ_170914_0014

子犬は1頭だけではなかなか育ちません。

バレンとチョコ_170914_0015

良い子にしなきゃ!!と育てる前に子犬の楽しみ、喜び、寂しさ、悲しさも人が理解してあげないと、子犬の心の行き場は無くなってしまいます。

バレンとチョコ_170914_0016

この時、合宿に来たまろんちゃんもすっかりバレンやチョコと仲良くなって、

バレンとチョコ_170914_0017

みんなでお昼寝。

バレンとチョコ_170914_0018

UGの子犬は合宿の子犬たちの初めての友達でもあるのです。

バレンとチョコ_170914_0019

バレンも合宿組の子犬たちと遊ぶことで成長していきます。

バレンとチョコ_170914_0026

みんなで一緒に成長しよう。

バレンとチョコ_170914_0021

見守ってくれる先輩がいるから思いっきり暴れられます。

バレンとチョコ_170914_0024

サッカーも独りでやるより相手がいた方が楽しいです。

バレンとチョコ_170914_0027

遊び終わったらまた一緒にお昼寝。

バレンとチョコ_170914_0062

ねーねー、遊ぼうよー

バレンとチョコ_170914_0063

ねーねー

バレンとチョコ_170914_0061

バレン、拒否られる笑

バレンとチョコ_170914_0055

バロンのことも最初は怖がっていましたが、すぐに頼れる先輩だとわかりました。

バレンとチョコ_170914_0042

どんどん体の使い方も上手になっていきました。

バレンとチョコ_170914_0036

やられて、

バレンとチョコ_170914_0037

やりかえして、遊びがどんどん上手くなります。

バレンとチョコ_170914_0033

色んな種類のおもちゃを用意します。

バレンとチョコ_170914_0034

楽しー♪

バレンとチョコ_170914_0038

ここからバレンは何十頭もの合宿組の子犬の友達であり、兄弟であり、先輩になっていきました。

トイプードル まめ_5798

桜が散り始めた頃、チョコは名前をまめと変え、卒業してお客様のお家へと旅立っていきました。

トイプードル まめ_7410

別々の道をいく2頭。

小次郎改め琥二郎_8961

そしてリーダー犬の琥二郎も卒業。

バレンとチョコ_170914_0013

えー、琥二郎兄さんもいなくなっちゃうのー?

バレンとチョコ_170914_0012

いかないでー、頭ぽこぽこしちゃうぞ!!

合宿 柴犬 がんも_1421

この頃にバレンはお調子もののマイペースな子だということがわかってきました。

写真撮るときも1頭だけ寝転ぶバレンw

合宿の子達_3008

プリンターが壊れてスタッフが困っているのに、そのプリンターの上で休むバレンw

合宿の子達_3644

あのさー。邪魔なんだけど笑

合宿の子達_2180

マイペース。

合宿の子達_6002

おい、そこで寝るな。

合宿の子達_3937

てんちょーっていちいちうるさいよねー。としぶしぶ降りるバレン。

合宿の子達_5162

うひょー、たのしー♪

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%b3%e5%8d%92%e6%a5%ad_170103_0036

でも、楽しいことばかりではありません。

さらにその数か月後には、姉として慕っていた琥二郎からリーダーの座を引き継いだ女帝みやびも卒業。

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%b3%e5%8d%92%e6%a5%ad_170104_0054

妹分のしずくとともに、群れもまとめることになりました。

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%b3%e5%8d%92%e6%a5%ad_170103_0005

強すぎたみやびの影に隠れるような存在だったバレン、6代目のリーダー犬に就任。

バレンとチョコ_170914_0160

バレン、まとめる気はほとんどなく、みやびの意思を引き継いだしずくが台頭してきたのを見るや、えー、じゃあ、しずくに任せよーっと。という体たらく笑

バレンとチョコ_170914_0162

歴代のリーダー犬の中で一番やる気なしっ笑!!

バレンとチョコ_170914_0163_0

てへっ♪じゃねーよ笑

バレンとチョコ_170914_0158

しずくの助けを借りながら、

バレンとチョコ_170914_0157

群れをまとめるバレン。

バレンとチョコ_170914_0156

カリスマ性のあるリーダーというよりは、優しくていいお兄ちゃんという感じ。

バレンとチョコ_170914_0155

バレンのことがみんな大好き。

バレンとチョコ_170914_0154

バレンは厳しさはありませんが、結局は後輩の相手をたくさんしてくれました。

バレンとチョコ_170914_0152

でも、それでもいいのかなとも思いました。

バレンとチョコ_170914_0151

なんか楽しそうだし。

バレンとチョコ_170914_0161_0

どんどん後輩が増えていきました。

バレンとチョコ_170914_0147

1歳を過ぎても甘ったれ。

バレンとチョコ_170914_0149

とにかく甘えるのが大好き。

バレンとチョコ_170914_0146

そんなバレンでしたが、ある日、目に傷が付き、搔かないようにエリザベスカラーをし、UGに来てから初めて群れから離れて安静にして過ごすことに。

%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%b3%e5%8d%92%e6%a5%ad_170104_0052

UGに来てから、常に群れの中にいたバレン。

それが、同じ空間にいるのにみんなと一緒にいれない孤独感。

当たり前だと思っていたことが当たり前ではないと知ったバレン。

この体験はバレンにはとても大きいものだったようです。

バレンとチョコ_170914_0143

エリザベスカラーをするのにモサモサの毛が邪魔で、頭の毛をスッキリカットして群れに再び戻ってきたバレン。

今までとちょっと雰囲気が変わりました。

大人っぽくなりましたね。

バレンとチョコ_170914_0142

バレンのことが大好きなトイマンチェスターテリアのノイヤールくん。

めんどくせー!!といいながらも相手をするバレン。

バレンとチョコ_170914_0145

久しぶりの独りではないお昼寝。

バレンとチョコ_170914_0140

前よりもより後輩の相手をするようになりました。

バレンとチョコ_170918_0194

みやびに似ている黒プーのからんちゃんが社会化お泊りに来ると、めちゃくちゃ嬉しそうな顔をするバレンw

バレンとチョコ_170918_0193

わかりやすい男です笑

バレンとチョコ_170914_0141

そんな平和な日々。

バレンとチョコ_170914_0134

トイプードルのルゥモモのお母さんから渡されて、突如始まった「被り物部」に駆り出されるバレン。

マリンルックバレン♪

バレンとチョコ_170918_0197

時にはサメになったりー、

バレンとチョコ_170918_0196

やる気のないバナナになってみたりー笑

そんなある日、そんなバナナ(馬鹿な)!!という超絶くだらないオヤジギャグが飛び出すくらいの日がやってきました。

ある日かかってきた電話。

お友達のトリミングサロンから紹介されたというお客様からの電話でした。

子犬を飼いたいという知人がいて、いつも愛犬を出しているサロンのトリマーさんに聞いたらUGを紹介された。という内容でした。

うん?なぜ当人でなく、知人であるお客様が連絡をしてきているのか?

子犬は今はUGにいないし、どなたにもUGの犬はお渡し出来ません。一度、お客様も交えてお話しさせてください。と電話を切りました。

そして、お客様と初対面の日。

お電話をいただいたお客様と、犬を家族として迎えたいというお客様とお嬢様がご来店されました。

話しを聞くとお嬢様がどうしても犬が欲しいとのこと。

「正直、お嬢様よりもお母さんがお世話できるか?子供が犬を欲しがるのは当たり前です。実際にお世話やしつけをするのは親御さんにしてもらいますが、そのあたりは大丈夫なのでしょうか?」と出会って早々に、いきなり犬を飼うことへの覚悟を問う店長。

そこで、お電話をくださったお客様が経緯をお話ししてくださいました。

お客様もご自身でトイプードルのティナちゃんを飼っていて、ある日、お客様から子犬を飼いたいと相談されたものの、そのときはまだお嬢様が小さく、あなたはまだ犬の世話はしきれない。もう少し待ちなさいとお話ししたそうです。

素晴らしいですね。

欲しいからとすぐに買い与えず、今日までティナちゃんや周りの犬を通して色々と勉強してきたようでした。

「ちょっとお散歩に行ってみますか?」とお嬢様にリードを持たせて、私が教えながら歩いてみることに。

落ち着いている・・

すごいな。

バレンもスッと馴染んでお嬢様の横をとことこ歩きます。

この時にこのご家族やティナちゃんのお母さん含め、犬に対してとても真剣なのだということがわかりました。

この日、バレンの卒業が決まりました。

バレンとチョコ_170918_0199

お客様の要望で、卒業する前にご自宅にお邪魔させていただき、実際にバレンがお家に来た時にどう暮らせばいいのかをアドバイスさせていただきました。

初めて来た場所に戸惑うバレンでしたが、ティナちゃんママの手作りのおやつに即座に反応し、テンションが上がりました笑

バレンとチョコ_170918_0200

ご自宅やその周りの環境は素晴らしく、バレンが卒業した後も楽しく暮らせることがわかりました。

バレンとチョコ_170918_0198

今までたくさんの仲間に囲まれてきたバレン。

バレンとチョコ_170918_0201

名前はバレンからレンに変わりました。

何度も、名前は変えていいんだよ?と言いましたが、お嬢様が頑なにレンでいいです!!と言い、レンになりました♪

バレンとチョコ_170914_0133

卒業の日まで、お客様はレンを迎える準備をし、レンはいつものように後輩の相手をする日々。

バレンとチョコ_170918_0195

そして、卒業の日。

バレンとチョコ_170918_0191

イエエエエエエエエエエイッ!!

朝ご飯だぁーっ!!

バレンとチョコ_170918_0190

センチメンタルな店長をよそに朝からテンション爆上げのレン。

サンシャイン池崎かお前は。

バレンとチョコ_170918_0189

でもなー、この笑顔が最高なんだよなぁ。

これも今日で最後なのか・・

寂しくなるなぁ。

バレンとチョコ_170918_0188

お客様がお迎えにきました。

卒業までに何度も会っているので、レンもこの人たちとよく会うなぁ。と不思議そうな顔をするものの、嬉しそうな顔をしていました。

そして、卒業に私も同行させてもらうことになりました。

バレンとチョコ_170918_0187

お家に着いて、レンのケージやトイレを確認させます。

バレンとチョコ_170918_0186

確認終了。

バレンとチョコ_170918_0185

!?

いきなりボールで遊び始めるレン。

卒業前に一度来たことで、すんなりと慣れることが出来たようです。

バレンとチョコ_170918_0184

それにしても馴染みすぎだぞ、レンよ笑

バレンとチョコ_170918_0183

でも、これから毎日楽しいね♪

バレンとチョコ_170918_0181

なになにー

バレンとチョコ_170918_0180

またティナちゃんママの手作りおやつがもらえるとわかってテンション爆上げのレンさん。

バレンとチョコ_170918_0178

絶対に似合うと思って、プレゼントしたアロハシャツ。

バレンとチョコ_170918_0177

バレンとチョコ_170918_0176

アロハシャツを着ながら、大好きな鹿の角をかじる。

バレンとチョコ_170918_0175

すんなり馴染みそうで安心しました。

バレンとチョコ_170918_0174

いい笑顔だなぁ。

バレンとチョコ_170918_0172

落ち着いてきたかな?

バレンとチョコ_170918_0173

だいぶはしゃいだもんね。

バレンとチョコ_170918_0171

先輩のティナちゃん。

ティナちゃんと、ティナちゃんママがいるから安心です。

ベテランの先輩は心強い味方です。

バレンとチョコ_170918_0170

目がしょぼしょぼ。

バレンとチョコ_170918_0169

うとうと。

バレンとチョコ_170918_0167

落ち着いたね。

もそろそろお店に戻らないと。

バレンとチョコ_170918_0164

お昼寝から復活し、最寄り駅までお見送りしてくれました。

こうしてレンは最高のご家族に出会い、UGを卒業していきました。

卒業後もレンはカフェに行ったり、ドッグランに行ったりしているようです。

1504484869353~01

お客様から送られてくる写真の中で、ドッグランの写真が、レンだけなぜかリードに繋がれていて、なぜレンを放さないんですか?とお客様に聞いたら、「うちの子が店長さんに絶対にレンのリードは放しちゃいけないって言われた。って聞かなくて・・笑」

うん、ドッグランでは放していいよー笑

むしろ走らせてあげてー笑

でも、そういう真剣なところを見て、逆にお渡ししたいと思ったので、とても嬉しくなりました。

何回も通って合格しないと譲ってもらえないかもよ。と口うるさい私の性格を知りつつも紹介してくださったトリマーさん。

レンを可愛がってくださり、ティナちゃんとともにお客様やレンをフォローしてくださるティナちゃんのお母さん。

ティナちゃんママがいるから安心できます。

こんなに口うるさいペットショップでなくて、他のお店でも子犬は飼えたはず。

成犬じゃなくて、子犬という選択肢もあったと思います。

たくさんの選択肢の中からUGを、そしてレンを選んでくださったお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

最後に、レンがいい。レンじゃなきゃ嫌だ!と言ってくれたお嬢様もありがとう。

内心、子犬じゃないから嫌だ。小さな子犬じゃなきゃ嫌だ!って言うんじゃないかな思ってたんだ。

でも、すぐにレンと仲良くなって、お散歩で一緒に歩いてるのを見たときに、あ、バレンはこのお家に行くんだって思ったよ。

それくらいに自然だった。

これからレンとずっと一緒だね♪

お姉ちゃんの横に、いつもレンがいて笑ってくれてたら嬉しいな。

レンを弟にしてくれてありがとう。

バレンとチョコ_170914_0139

レンのこの笑顔が大好きです。

特にお散歩の時のこの嬉しそうな顔が最高に好きです。

レン、良かったね。

毎日、楽しいでしょ?

お母さんが涼しくなったらレンと一緒にお泊り出来るとこに行きたいって言ってたよ♪

楽しみだね。

お父さんも優しいからたくさん甘えられるね。

バレンとチョコ_170914_0137

今日もいい天気だからルンルンでお散歩に行ったかな?

バレンとチョコ_170914_0138

レンと一緒にUGに来たまめはすぐに卒業しました。

早く卒業が決まる子もいれば、長くUGにいる子もいます。

レンは1歳8か月までUGにいて、時間はかかりましたが、お客様の家族になる運命だったのだと思います。

これからも妥協せずに子犬をお客様にお渡ししていきたいと思います。

人と犬の幸せの架け橋にUGがなれたら嬉しいです。

今回も素晴らしいご縁に感謝します。

レン、本当おめでとう。

そして、ありがとう。

これからもよろしく。