食物繊維

食物繊維は、腸内の調子を整える働きがある繊維質を摂取できる原材料です。ビートパルプが代表的ですが、最近は様々な栄養素を含むチコリ根を繊維質源として使用するフードが増えてきています。

ビートパルプ

ビートパルプ(別名:ビートファイバー、甜菜繊維)は、サトウダイコン(シュガービート)から砂糖を抽出したあとに残る副産物です。全体の約80%が食物繊維で、ヘミセルロースやセルロース、リグニンなどの不溶性食物繊維(約60%)と、水溶性繊維のペクチンを含みます。主にペットフードの繊維質源として使用されます。

セルロース

セルロースは、植物の細胞壁のことをいいます。不溶性繊維で、遅い発酵性を有しています。多くの場合、カロリーを薄めたり容量を増したりする目的のために添加されることが多く、主に減量食などに使用されています。

チコリ根

チコリ根は、キク科の多年生野菜であるチコリの根の部分です。チコリ根には、水溶性食物繊維の一種であるイヌリンという成分が豊富に含まれています。イヌリンはフルクタン(フルクトース)として知られる炭水化物類で、天然のオリゴ糖の一種です。良好な腸内環境を整える腸内細菌の活動をサポートし、食物繊維の供給源となります。また、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、葉酸などの栄養素も多く含まれています。

サイリウム

サイリウム(別名:オオバコ種子)とは、ヨーロッパから西アジア地域原産の一年草であるエダウチオオバコの種皮を粉末にしたものです。成分の90%以上が食物繊維で、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の割合は1対4です。その他、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンK・カルシウムなども含んでいます。 サイリウムの粉末は保湿性に優れており、水に溶かすと約30倍にふくらみます。

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、天然のでんぷんから抽出された消化しづらい水溶性食物繊維です。良好な腸内環境の維持に役立ちます。WHO(世界保健機関)や米国食品医薬品局(FDA)、日本の消費者庁に安全性の高い食品として認められています。