ドッグフードお悩み相談室まとめ(2014年9月、10月)

カテゴリー: ペット相談室
投稿日:

2014年9月、10月にUGペット.comのお客様からご質問を頂き、私が回答をした中で、他のお客様にも役立ちそうなものをまとめました。
※個人情報に関わるものは全てカットしております。
※一部、読みやすくするために改変をしております。

以前より肝臓の数値が高めで獣医師より高たんぱく質(25%位)低脂肪(5%位)と指導されていますが、この類のフードはカロリーが低く、もともと多くを食べない子なので痩せてしまいます。高たんぱく、低脂肪なのに、カロリーは100gあたり350kcal位ある!なんてフードは無いでしょうか?

脂質が9%とご希望のパーセンテージより高いのですが、一般的には高タンパク低脂肪にあたる商品として以下のものがございます。カロリーは340Kcalとお客様のご要望に近いものです。

フード自体も嗜好性が高く、品質もオーガニック原料を主に使用していますので高いものです。小さい袋でお試し頂き、合うようでしたらぜひお勧め致します。

その他の高タンパク低脂質のフードもございますので、よろしければご確認、ご検討を頂ければと思います。

4ヶ月のトイプードルを迎え入れました。涙やけがひどくフードを替えたいのですが、お薦めを教えて下さい。

アーガイルディッシュ ウィステリアアダルト 800gなどはいかがでしょうか?涙やけとドッグフードとの関係性は科学的に解明されていませんが、ご紹介をさせていただくアーガイルディッシュは原材料の品質が高いフードですのでもしかすると改善する可能性があるかと思います。嗜好性も比較的高めなので、プードルのお客様にもご好評を頂いております。

11歳のラブラドールレトリバーを飼っています。現在アーテミスのウェイトマネジメントを与えています、SOLVIDAの室内飼育か室内飼育七歳以上の物に変えようか検討中です、如何な物ですか?このままアーテミスでいいのか、アドバイスをお願いします。

アーテミスのウェイトマネージメントで調子が良いのでしたらそのままでも良いかと思います。
ソルビダの室内飼育、7歳以上は小粒なので、少し食べづらいかもしれません。

アーテミス以外のおすすめ出来るフードでしたら、「アーガイルディッシュ」などがございます。このエバーラスティングシニアは全ての原材料にオーガニックを使用しており、オーストラリアを代表する認定機関であるAustralia Certified Organicによる厳しい基準をクリアしてオーガニック認定されています。

シニア向けにカロリーも控えめとなっておりますので、粒のサイズがやや小さめ(ソルビダほどではないですが)ですがオススメをしております。

もし移行をされる場合には、原材料が大きく変わりますので、食べるかどうかなどを試して頂くのと、移行期間を考えて小さい袋で御利用いただいてから大袋に移っていただいたほうが良いかと思います。

13歳の肥満気味のキャバリアです。皮膚をよく痒がりかさぶたもできてしまってます。適したドックフードを教えてください。

アーガイルディッシュ グレヴィリアアダルトなどは低アレルゲンの原材料を使用しており、使用材料の品質も高いのでオススメです。カロリーも低めになっております。

与えて頂く場合には、このフードのみを与えて頂き皮膚の様子をご確認頂ければと思います。皮膚が入れ替わるのに20日程度かかると考えられておりますので、1ヶ月程度お試し頂ければと思います。

ミックスの小型犬とアメリカンコッカーを飼っています。2頭に与えるおすすめのフードがあれば教えて下さい。

食物アレルギーの心配がないのでしたら、原材料、成分、コストパフォーマンス全てでバランスが良いアーテミスのアガリクスをお勧め致します。小粒と普通粒がございますので、わんちゃんに合う粒サイズを選んで頂ければと思います。

トイプードルとシー・ズーのミックスを飼っています。まだ子犬なのですが、ロイヤルカナンのスキンケアプラスを食べていたら、皮膚の痒みと赤みがひどく、病院でアミノプロテクトを進められ食べさせたところ、症状が軽くなりました。しかし、アミノプロテクトは、うんちが黒くなるのが気になり、ほかのフードを探しています。アレルギー検査はしていませんが、なにかおすすめのフードはありますでしょうか?

ドクタープロの3フィッシュ2ポテトなどは如何でしょうか?全年齢対応商品で、低アレルゲンの原材料を使用しています。合わなかったとおっしゃっているスキンケアプラスとも原材料はほとんどかぶりませんので、お試し頂く価値はあるかと思います。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー: ペット相談室
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

吉武 雄史UGpet Inc. 代表取締役社長

小学校の卒業文集に「ペットショップの店長になりたい」と夢を記し、20歳となり1年間アルバイトをして貯めた資金を元手として、明治大学在学中にUGペットを創業。現代表取締役社長を務める。愛犬はトイ・プードルのくるみとミニチュアダックスフントのビビ。

コメントはお気軽にどうぞ