愛犬の皮膚にできたかさぶたの原因と対処法

カテゴリー: コラム
投稿日:

愛犬のフケやかさぶたの原因と対処法についてご紹介致します。

犬の皮膚

皮膚は真皮・表皮・皮下組織の3層構造で成り立っており、紫外線や環境の変化などの外界からの刺激から身体を守り、細菌の侵入を防ぐバリア層という大切な役割を担っています。犬は表皮の部分が人間よりも薄いため刺激や紫外線、乾燥等の影響を受けやすく、皮膚トラブルを起こしやすいといわれています。

フケ・かさぶたの原因と対処法

膿皮症

膿皮症は犬の皮膚炎の中で最も多い疾患であるといわれており、乾燥、擦り傷や噛み傷、老化、栄養不良、ホルモンバランスの乱れなどにより、通常は皮膚が持っている細菌の侵入を抑える力が失われることによってブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染することによって発症します。犬のニキビともいわれており、顔周りや脇、背中等に特に発症しやすく、かゆみが強く炎症が悪化してしまう場合もございます。

表面性膿皮症

皮膚の表面のみに細菌が感染している状態でニキビのような赤い発疹や膿(膿が固まってかさぶたのようになったもの)、フケなどがみられます。

表在性膿皮症

表皮内や毛包、真皮上部などで細菌が侵入した状態で、赤い発疹や膿(膿が固まってかさぶたのようになったもの)、脱毛等の症状が見られます。

深在性膿皮症

皮膚の深いとこまで細菌が侵入した状態で、強い痒み・炎症・かさぶた、脱毛等の症状が見られます。

参照犬の細菌性膿皮症:http://www.mpagro.co.jp/members/ca_kiji/hifu3_201204.pdf

症状

  • 小さな赤い発疹
  • 黄色いかさぶたのようなものができる
  • フケや抜毛が見られる
  • 皮膚から膿がでている
  • かゆがっている

対処法

  • 定期的なブラッシングで症状がでていないかチェック
  • 動物病院で診察を受け、抗生物質又は塗り薬等の処方を受ける
  • 薬用シャンプーでの洗浄
  • オメガ脂肪酸の摂取→犬猫にとってのオメガ3系脂肪酸
  • ストレス刺激の排除
  • 適度な運動を心掛け、免疫力UP

脂漏症

脂漏症とは、栄養不良や寄生虫、細菌感染、ホルモンバランスの乱れ等により皮膚が油っぽくなったり、乾燥・フケ等の症状がみられる疾患です。皮脂はカビの一種である「マラセチア」の好物なので、皮脂の量が多い状態が続くとマラセチアが増殖して、皮膚炎を引き起こします。

油性脂漏症

皮膚が油っぽくなり、油性のフケ、痒み、体臭等の症状がみられ、外耳炎を併発する場合もあります。

乾性脂漏症

皮膚が乾燥し、フケや軽い脱毛等の症状が見られます。

脂漏性皮膚炎

油性脂漏症が進行し、皮膚に炎症がでた状態を指します。皮膚に赤みがでたり、痒み等症状みられるといわれています。

症状

  • 異常な皮脂の分泌(皮膚がベトベト油っぽい)
  • 体臭が気になる
  • フケが多くみられる
  • 発疹がみられる
  • かゆがっている
  • 外耳炎

対処法

  • 動物病院で診察を受け、脂漏症の原因を特定する
  • ホルモン異常が原因の場合はホルモン分泌の治療
  • アレルギーが原因の場合は、アレルギー関連の治療
  • 食事の栄養バランスを見直す
  • 症状に合わせてシャンプーの種類を選びスキンケアを行う

その他

膿皮症や脂漏症以外にフケやかさぶたの症状が見られる症例は、皮膚糸状菌症やニキビダニ症(子犬に多い)、疥癬症などの真菌や寄生虫が原因のものや乾燥やアレルギー等があげられます。

まとめ

愛犬の皮膚にかさぶたやフケが見られた場合は、すぐにかかりつけの動物病院で診察を受けることをお勧めいたします。皮膚炎は放っておくと症状が徐々に悪化し、脱毛やひどい痒み、皮膚の掻きむしり等により愛犬が苦しい思いをしてしまいます。定期的に愛犬の皮膚のチェックを行い、気になる症状がでている場合はお早めに病院を受診しましょう。

お勧め商品

犬用サプリメント

健康的な皮膚・被毛の維持をサポートするサプリメントです。おやつの代わりにお与え頂けるサプリトリーツもございますので、是非ご覧ください♪

犬用シャンプー

当店でお取扱いがございます敏感肌にもおすすめの犬用低刺激シャンプーをご紹介しております。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー: コラム
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

下田 ひらり

幼いころから犬が大好きで、ずっとペット関係の仕事に携わることを夢見ながら大学に進学。大学2年の冬にUGペットに出会い、経営理念に共感し、インターンシップに参加。愛犬は、チワワの「らん」とトイプードルの「はち」です。

コメントはお気軽にどうぞ