ドッグフードお悩み相談室まとめ(2017年1月~3月)

カテゴリー: ペット相談室
投稿日:

UGペット.comのお客様から頂きましたご質問とそのご回答の一部をご紹介させて頂きますので、お役立ていただけますと幸いでございます。

2017年1月~3月にUGペット.comのお客様からご質問を頂き、私が回答をした中で他のお客様にも役立ちそうなものをまとめました。
※個人情報に関わるものは全てカットしております。
※一部、読みやすくするために改変をしております。

高齢期の愛犬が最近フードへの食いつきが悪く、新しいフードを探しています。フードによって涙やけがでたり皮膚に赤みが出たりするので、低アレルゲンのフードを考えています。

食物アレルギーの可能性もあるシニア犬のフードでおすすめの商品はこちらです!

おすすめのドライフード

アーガイルディッシュ グレヴィレアアダルト
高たんぱくの赤身であるエミュー肉と良質なたんぱく質源である鮮魚、オーガニック野菜を組み合わせたシニア犬対応グレインフリーフードです。個体差は御座いますが、嗜好性も高くリピート率が高い当店おすすめ商品です。

ビィナチュラル アレルカット
タンパク源として低アレルゲン素材であるカンガルー肉を使用したドッグフードです。グレインフリーではございませんが、低アレルゲン食材にこだわって作られています。個体差は御座いますが、こちらも嗜好性も高くリピート率が高い商品です。

アーテミス オソピュア シリーズ
オソピュアはグレインフリーの全年齢対応フードです。3ラインナップあるので、愛犬の好みに合うものをお選びいただけます。

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー シリーズ
話題の機能食材を贅沢に使用した穀物不使用の国産ドッグフードです。全年齢対応で全てのライフステージに必要な栄養素を詰め込んでいます。オーブンベイクドで仕上げているので素材の栄養と旨みをそのまま楽しめます。

ウェットフード

デビフ・ナチュラルハーベスト
ネイチャーズバラエティ

愛犬が数年前にヘルニアを発症し、食欲もあまりなく瘦せ気味です。食いつきが良く、栄養のあるフードを探しています。

関節痛やヘルニアの痛みの緩和をサポートし、嗜好性にも配慮したおすすめ商品はこちらです!

おすすめのドライフード

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー シリーズ
血管の健康維持に役立つヘスペリジン、血管や関節、皮膚等の健康維持に役立つグレープシード抽出物、オメガ3脂肪酸を豊富に含み関節痛等の痛みの軽減をサポートするクリルを配合しています。厳選した食材を贅沢に使用し、オーブンベイクドで仕上げているので、個体差は御座いますが嗜好性も抜群です。

サプリメント

ナチュラルハーベスト クリルオイル
人用の関節痛サプリメントとしても使用されているクリルの犬用サプリメントです。

主治医より糖尿病の疑いがあるといわれました。食事療法食も検討しましたが、総合栄養食で品質の良いものがあればそちらを与えたいと考えています。
糖尿病に配慮した食事は以下の通りです。

糖質の制限

糖尿病の場合は糖質の制限が最も重要です。犬用おやつやセミモイストフードには特にオリゴ糖やブドウ糖などの添加があり、糖分が高い場合があるので気をつけましょう。

脂肪の制限

糖尿病は様々な病気を併発しやすくなります。コレステロールや中性脂肪に注意して健康な体を維持する必要があります。

食物繊維の摂取

食物繊維は食後の血糖値の上昇を抑え、糖の吸収速度を遅らせてくれます。一方で食物繊維の摂りすぎは便秘の原因にもなるので、注意も必要です。

おすすめのドライフード

アーガイルディッシュ グレヴィレアアダルト
高たんぱくの赤身であるエミュー肉と良質なたんぱく質源である鮮魚、オーガニック野菜を組み合わせたグレインフリーフードです。食物繊維も高めで高たんぱく低脂肪。

アーガイルディッシュ ウィステリアアダルト
オーガニックのラムとビーフを贅沢に使用した子犬・成犬用ドッグフードです。オメガ脂肪酸をバランよく配合。

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー ベニソン 700g
主原料に国内で捕れた新鮮な野生の鹿肉を贅沢に使用した穀物不使用の国産ドッグフードです。人用食品でも話題のえごまやココナッツオイルなどの機能性食品を配合。低脂肪、高繊維。

サプリメント

ナチュラルハーベスト クリルオイル
DHA、EPAなどオメガ3脂肪酸の補給に。

ティーカッププードルを飼っており、フードが合わないのか軟便が続いています。消化に良い無添加のフードを探しています。
おすすめのドライフード

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー シリーズ
話題の機能食材を贅沢に使用した穀物不使用の国産ドッグフードです。全年齢対応で全てのライフステージに必要な栄養素を詰め込んでいます。消化の良い食材を使用しているので、消化不良を起こしにくく、リモナイトも配合なので便臭や便の改善もサポートします。

サプリメント

天然鉄マルチミネラルサプリメント TerraVita 80g
TerraVita(テラビータ)は、100%天然鉄分(リモナイト)を使用したマルチミネラルのペット用サプリメントです。リモナイトは便臭改善に役立つことで知られています。個体差はありますが、便の状態がよくなったというお声も御座いますので便臭にお困りの場合や軟便にお困りの場合はお勧めしております。

先日心臓病とクッシング症候群との診断をうけました。肝臓の数値も高く、フード選びに困っています。おすすめのフードやサプリメントがあれば教えてください。

心臓病に配慮した食事

心臓に配慮した食事は以下の通りです。

ナトリウムの制限

ナトリウムの制限が必要な理由は、必要以上のナトリウムを摂取すると、水分摂取量が増え体内の血液量が増えることにより心臓に負担をかけてしまうからです。人間の食べ物やナトリウムの添加のある犬用おやつは控え、余分な塩分摂取を避けましょう。

コエンザイムQ10・Lカルニチン・タウリンの増量

アミノ酸の一種であるカルニチンやタウリンは心筋の機能維持に役立つことが期待されています。総合栄養食でも添加のあるフードも御座います。サプリメントもあるので、給与量をしっかり調整しながらフードと一緒にお与え頂くこともおすすめです。

リンの制限

リンを制限する理由は、心臓病に併発する可能性が高い『腎臓病』に配慮するためと言われています。リンは健康な体の維持には必要な栄養素でありますが、摂取量が多すぎると上手く代謝が出来ずに体内にリンがたまり腎臓に負担をかけてしまいます。

▼ 利尿剤の治療を行っている場合は以下の点にも注意が必要です。

マグネシウムとビタミンB群の欠乏

利尿剤の使用後は体内のマグネシウムが不足し、エネルギーを作り出すビタミンB群も欠乏しています。過剰摂取にならないように注意してマグネシウムとビタミンB群を多く含むフードを与えましょう。

心臓に配慮した食事・サプリメント選びの際は、①ナトリウム値・リン値は高くないか、②カルニチンやタウリンは含まれているかを製品の原材料・成分表記を見て判断します。当店でお取扱いしているフードに関しましては、メーカーより開示されている成分値を基準値と比較し「低い・低め・普通・高め・高い」で表記させて頂いておりますので、ご参考にして頂ければと思います。

参照:当店おすすめ【アーガイルディッシュ グレヴィレアアダルト】の場合…

クッシング症候群に配慮した食事

高たんぱく

クッシングの症状の一つに筋力低下があります。高たんぱくの食事によって筋力維持のサポートを目指します。また消化の良い良質なタンパク質を摂ることは皮膚の健康維持や免疫力の維持に適しています。

低脂肪

高脂血症の併発に配慮して、低脂肪の食事が推奨されています。愛犬の食事に含まれる脂肪の質も重要となるので、オメガ脂肪酸など体に良い良質な脂肪が配合されているものを選びましょう。

炭水化物・糖質の制限

高血糖・糖尿病の併発に配慮して、低炭水化物・低糖質の食事が望まれます。

肝臓に配慮した食事

良質なたんぱく質の摂取

肝臓に配慮したい場合は、消化の良い良質なタンパク質が多く含まれる食事が推奨されています。ただ高たんぱくであっても、使用されているタンパク源が良質でなく、体質にあっていない場合は逆に肝臓に負担をかけてしまうので、注意が必要です。

上記の点に配慮した当店おすすめのフードを以下にご紹介致します。

おすすめのドライフード

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー シリーズ
話題の機能食材を贅沢に使用した穀物不使用の国産ドッグフードです。高たんぱく・低脂肪で、ナトリウム値も低めの設定となっております。使用しているタンパク源も新鮮で良質なものを厳選しているので、心臓・クッシング・肝臓にも配慮されています。

サプリメント

ナチュラルハーベスト クリルオイル
血液の状態を健康に保つ、DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸の補給に最適。肝臓の働きをサポートしてくれるので、肝臓機能の低下時にもおすすめです。

白内障の予防のために目に良いフードやサプリメントを探しています。
おすすめのドライフード

ZEN プレミアムドッグ グレインフリー シリーズ
目や脳・血液の状態を健康に保つ、DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸を豊富に含むクリル、目の健康維持をサポートするブルーベリーやマリーゴールド抽出物が配合されています。

サプリメント

ナチュラルハーベスト クリルオイル
目や脳・血液の状態を健康に保つ、DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸を豊富に含むクリルを使用した犬用サプリメントです。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー: ペット相談室
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

下田 ひらり

幼いころから犬が大好きで、ずっとペット関係の仕事に携わることを夢見ながら大学に進学。大学2年の冬にUGペットに出会い、経営理念に共感し、インターンシップに参加。愛犬は、チワワの「らん」とトイプードルの「はち」です。

コメントはお気軽にどうぞ