ペットフードにおける正規輸入品と並行輸入品の違いとリスク

カテゴリー: コラム
投稿日:

貨物船ロイヤルカナンやユーカヌバ、サイエンスダイエット、プロプラン、グリニーズなどの海外でも多く流通しているペットフードにおいて並行輸入品が出回っているケースがあります。その正規輸入品(正規品)と並行輸入品(並行品)の違いについて解説を致します。

正規輸入品とは

正規輸入品とは、そのペットフードメーカーの本社から地域を限定されて認証されている会社(正規代理店)が輸入したフードをいいます。正規代理店は一般的には国ごとに限定された認証を受けており、その国内での正規代理店を名乗ることの許可を受けています。

正規品の場合には、輸出から輸入について、基本的に本社と正規代理店が管理しています。

主なブランドの正規輸入代理店(日本)

ブランド 正規代理店
ロイヤルカナン ロイヤルカナン ジャポン合同会社
アイムス
ユーカヌバ
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G JAPAN)
2015/4- マース ジャパン リミテッド
サイエンスダイエット 日本ヒルズ・コルゲート株式会社
プロプラン ネスレ日本株式会社
ナチュラルチョイス
シュプレモ
グリニーズ
ニュートロ ジャパン合同会社
アーテミス 株式会社ケイエムテイ
アカナオリジン 有限会社アカナファミリージャパン
ZiwiPeak レッドハート株式会社
ブルーバッファロー ブルーバッファロー・ジャパン株式会社
※2015年11月現在

並行輸入品とは

並行輸入品とは、そのペットフードメーカーからの認証を受けずに、独自のルートで輸入しているものをいいます。メーカー本社がある国、あるいはすでに流通している国にある問屋や販売店などから入手したフードを、並行輸入業者が独自に輸入をしています。

並行輸入品の場合には、輸出から輸入に関して、並行輸入業者の他、問屋や販売店などが絡んでくるかたちになります。

正規輸入品と並行輸入品の違い

正規輸入品と並行輸入品については、いくつかの違いがあります。

輸出入時の管理

正規品は本社と正規代理店が管理して輸入されたものになりますので、最短での入荷がされてくる他、基本的に2社で流通業務を行なうため管理の目が行き届いていますが、並行品の場合には並行輸入業者の他、輸出元の問屋や販売店などを経由して輸入されてくることが多いため、流通経路が複雑になっています。流通経路が複雑であると、入荷までの時間が長くなるのと、なにか問題が起きた時にどこが原因で起きた問題なのか特定が難しいため、何か問題が起きた時にも責任を誰も負うことが出来ないケースがあります。

フードの品質

輸入される場合には船便で入ってくることが多いのですが、フードによってはメーカーからの要求や正規代理店の考え等により、正規品は温度が管理されたコンテナ(定温コンテナ)で輸入されてくるケースがあります。並行輸入品でも定温コンテナを選択することは可能ですが、正規品は定温コンテナ、並行品は通常のコンテナで輸入されてきている場合には、品質に違いが出る可能性があります。

メーカーのサポート体制

並行輸入業者の場合には、メーカー本社の認証を受けておらずメーカーの管理外での輸入を行うため、並行輸入のフードを与えてなにか問題が起こったりしても、メーカーが管理体制を把握していない以上メーカーが責任を負えないことを謳っています。そのため、並行輸入品を与えていてなにか問題が起きてもメーカーはもちろんのこと、並行輸入業者も対応ができないケースが起こりえます。

パッケージの言語

正規代理店からのものはパッケージがそもそも輸入元の言語で印刷をされていたり、シールが貼られてたりしていますが、並行輸入の場合には、並行輸入業者が翻訳した情報を貼らない場合には、飼い主様側で訳さなければならないことがあります。

規格の違い

フードによっては、日本の湿度が高い気候などに合わせて正規品を日本向けのパッケージに変更したり原材料を調整して輸入している場合があります。並行輸入品は、輸入国のものがそのまま輸入されるため、日本の気候に対応していない製品の場合があります。

並行輸入品を使うリスク

並行輸入品は、正規品より価格が安いケースが多くありますので、やはり安い並行品を選ぶ方は多いと思います。しかし、並行輸入品でなにか起きたとしても正規代理店はもちろんのことメーカーでも対応はしてくれません。管理レベルの差や、品質の劣化、規格の違い等の問題が起こる可能性も考える必要がありますので、値段だけで選ぶのではなく、並行品を選ぶリスクを考えた上でご検討を頂ければと思います。

当店では、並行輸入品で何か問題が起きた場合の責任が取れないため、輸入品に関しましては全て正規品の取扱いとなっておりますのでご安心下さい。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。

コメントはお気軽にどうぞ