ニュートロ新フード「ワイルドレシピ」のご紹介(2016年4月発売)

カテゴリー: 製品・サービス
投稿日:

ニュートロ社より新ブランド「ワイルドレシピ(WILD RECIPE)」が2016年4月中旬より発売予定です。一足先に商品の特徴など、ご紹介致します。

ワイルドレシピの特徴

ニュートロワイルドレシピは、肉食の祖先を持つ愛犬が本能的に求める高たんぱくで穀物を使用しない食事をコンセプトにしています。すべての製品がタンパク質と脂質が多く、グレインフリーとなっています。ニュートロの他のブランドであるナチュラルチョイスやシュプレモは穀物を使用しているので、それらのブランドとは一線を画すものとなっています。

ワイルドレシピも、ニュートロ全製品のコンセプトである「ミートファースト」と「ナチュラル志向」を踏襲しており、第一原料は動物性蛋白質となっていて、保存料も合成保存料ではないミックストコフェロールとローズマリー抽出物が使用されています。
ニュートロワイルドレシピパッケージ

製品ラインナップ

ニュートロワイルドレシピ原料製品ラインナップは「チキン」「サーモン」「ラム」「鹿肉(ベニソン)」となっています。主原料がそれらのタンパク質源で、サーモンとラム、鹿肉はそれらのタンパク源以外にチキンが使用されています。超小型犬から小型犬向けの粒サイズとはなっております。グレインフリーとなっており、炭水化物源としては豆類(ヒヨコ豆とえんどう豆)、じゃがいもが使用されています。

製品 サイズ 価格(税込)
ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 チキン 800g 1,624円
2kg 3,462円
4kg 6,105円
ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 ラム 800g 1,624円
2kg 3,462円
4kg 6,105円
ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 サーモン 800g 1,624円
2kg 3,462円
4kg 6,105円
ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 鹿肉 800g 1,624円
2kg 3,462円
4kg 6,105円

※2017年3月現在

原材料・成分表

原料は下記となっております。主要脂肪源は全て鶏脂とひまわり油で、主要炭水化物源はヒヨコマメとエンドウマメ、ポテトという点は共通しており、タンパク源が異なっていてそれをベースに配合調整されている作りです。

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 チキン
チキン生肉、乾燥チキン、ヒヨコマメ、乾燥ラム肉、鶏脂、乾燥ポテト、エンドウマメ、エンドウタンパク、アルファルファミール、タンパク加水分解物、ひまわり油、ビートパルプ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 ラム
ラム生肉、乾燥チキン、ヒヨコマメ、エンドウマメ、乾燥ラム肉、鶏脂、乾燥ポテト、アルファルファミール、ポテトタンパク、ひまわり油、タンパク加水分解物、亜麻仁、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 サーモン
サーモン、乾燥チキン、ヒヨコマメ、フィッシュミール、乾燥ポテト、エンドウマメ、鶏脂、アルファルファミール、ひまわり油、タンパク加水分解物、ビートパルプ、エンドウタンパク、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 鹿肉
乾燥鹿肉、乾燥チキン、ヒヨコマメ、鶏脂、エンドウタンパク、エンドウマメ、乾燥ポテト、ポテトでん粉、アルファルファミール、タンパク加水分解物、ひまわり油、ビートパルプ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
※2017年3月現在

成分表は下記のような形になっております。カロリー以外は殆ど同じです。

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 チキン
タンパク質 32.0%以上、脂質 18.0%以上、粗繊維 3.5%以下、灰分 10.0%以下、水分 10.0%以下、リノール酸 3.5%以上、亜鉛 250mg/kg以上、ナイアシン 250mg/kg以上、ビオチン 2.5mg/kg以上、代謝エネルギー 約375Kcal/100g

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 ラム
タンパク質 32.0%以上、脂質 18.0%以上、粗繊維 3.5%以下、灰分 10.0%以下、水分 10.0%以下、リノール酸 3.5%以上、亜鉛 250mg/kg以上、ナイアシン 250mg/kg以上、ビオチン 2.5mg/kg以上、代謝エネルギー 約385Kcal/100g

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 サーモン
タンパク質 32.0%以上、脂質 18.0%以上、粗繊維 3.5%以下、灰分 10.0%以下、水分 10.0%以下、リノール酸 3.5%以上、亜鉛 250mg/kg以上、ナイアシン 250mg/kg以上、ビオチン 2.5mg/kg以上、代謝エネルギー 約375Kcal/100g

ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用 成犬用 鹿肉
タンパク質 32.0%以上、脂質 18.0%以上、粗繊維 3.5%以下、灰分 10.0%以下、水分 10.0%以下、リノール酸 3.5%以上、亜鉛 250mg/kg以上、ナイアシン 250mg/kg以上、ビオチン 2.5mg/kg以上、代謝エネルギー 約380Kcal/100g
※2016年2月現在

こんな子にオススメ

高たんぱく高脂質のフードとなりますので、体重あたりの消費カロリーが高い超小型犬から小型犬に特に向いています。また、粒のサイズが小さいのでその点が問題なければ運動量が多めの中大型犬にも合っています。その他にも、動物性蛋白質を多く使用しているので、嗜好性が高く好き嫌いの激しい犬やおすすめです。グレインフリーフードの中では価格も抑えめになっているので、今までコストの問題でグレインフリーを試せなかった場合にもお試しいただきやすい価格帯となっております。

また、ナチュラルチョイスの低GIシリーズとも似ているので、それらをご愛用いただいていたお客様はこちらのフードも適していると思います。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー: 製品・サービス
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

吉武 雄史UGpet Inc. 代表取締役社長

小学校の卒業文集に「ペットショップの店長になりたい」と夢を記し、20歳となり1年間アルバイトをして貯めた資金を元手として、明治大学在学中にUGペットを創業。現代表取締役社長を務める。愛犬はトイ・プードルのくるみとミニチュアダックスフントのビビ。

ニュートロ新フード「ワイルドレシピ」のご紹介(2016年4月発売)」への9件のフィードバック

  1. 奥寺和枝

    今新しいワイルドレシピあげています。しゅぷれもとの違いなどわかればと思います、食が細くて体重も少なく獣医師にパピーようをまぜて、少しの量でカロリーとれればと言うことで、今まで食べている、フードと混ぜています、また、しゅぷれもの試食品あればと思います

    返信
    1. 吉武 雄史 投稿作成者

      奥寺様

      コメント頂きありがとうございます。

      ワイルドレシピとシュプレモの大きな違いは、ワイルドレシピはグレインフリーという点です。シュプレモは、ザクロやクランベリーなどの機能性原料を様々使用している点が、ワイルドレシピとは違う部分かと思います。大変申し訳ございませんが、サンプルについては現状ご用意がございませんので、試して頂く場合には小袋をご検討頂ければと思います。

      返信
  2. パピヨン

    ラム生肉が入っているのに乾燥ラム肉なぜ入っているのですかね。チキンも同じですよね

    返信
    1. 吉武 雄史 投稿作成者

      パピヨン様

      コメントを頂き有難うございます。

      メーカー様のレシピなので、私の推測でのお答えしか出来かねますが、
      水分値の調整とコストの面で乾燥ラム肉を入れているのではと思います。

      乾燥肉が一方的に悪いものとは言い切れませんが、
      脂質の劣化等を考えると生肉のほうがより良質な素材といえるかと思います。

      返信
    1. 吉武 雄史 投稿作成者

      りくふく様

      コメントを頂き有難うございます。

      フィッシュミールは魚の乾燥粉末です。
      魚の種類は限定されませんが、一般的にはイワシやサンマなどがよく用いられます。

      ペットフードの原材料にはよく使われるもので、危険なものではございませんが、
      脂質の劣化等を考えると生原料のほうがより良質な素材にはなるかと思います。

      返信
  3. パピイ

    私が買ったワイルドレシピにはビートパルプは書かれていませんが、書いてなくても入っているのですか?

    返信
    1. 吉武 雄史 投稿作成者

      パピイ様

      コメントを頂き有難うございます。

      大変申し訳ございません。確認を致しました所、
      ラムについては、現在ビートパルプが使用されていないようです。
      最新の情報に変更をさせて頂きました。

      現在日本のペットフードはペットフード安全法により
      使用した原材料(添加物を含む)を全て記載する必要がありますので、
      表記にないものはキャリーオーバー等を除いて基本的に使用されておりません。
      ビートパルプはキャリーオーバーはほぼあり得ない原料ですので、
      使用はされていないと推察されます。

      ご指摘ありがとうございました。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ