10歳の犬でもしつけは間に合うのか?吠えて、噛むチワワの合宿。

「もうすぐ10歳になるチワワで困っている友達がいて、1度、店長に話しを聞いてもらいたいのですが。」という相談を受けました。

年齢も高齢なので、合宿に来るとかではなく、とりあえず話しを聞くことにしました。

実際に来たチワワは、予想通りの緊張感たっぷりのシニアチワワ。

お客様から詳しく話しを聞くと、もうすぐ10歳になるライズくんは、人に全く懐かず、噛みつきと、吠えがすごく、お散歩もなかなか歩けず、他の犬とも仲良く出来ないとのこと。

1歳までに、他の方に飼われていたライズくんを、お客様が引き取ったとのことですが、おそらく社会化がされないままに、成犬になってしまったようです。

子犬の時期の社会化は、その犬の一生を左右するといっても過言ではないくらいに、とても大事です。

まして、頑固で自分を曲げないチワワが、1歳までに心に傷を残すような飼われ方をされていた。

そして間もなく10歳になるシニア犬。

うーん、かなり厳しいですね・・・

お客様からライズくんを預かり、店内に放して様子を見ることに。

チワワ合宿 ライズ_6665

とにかく吠えまくる。

全く余裕がありません。

少しの刺激にも反応しまくりで、私やスタッフが近くを歩くと、歩くたびに靴に噛み付いてきます。

手が近づけば、手にも噛み付いてきます。

これは、威張って吠えているのではなく、今までの経験から吠えて、噛み付けば、相手が怯み、自分から遠ざかるという学習からくるものなので、威張って吠えているとか、人よりも上に立とうとしているとかではないので、叱っても意味がないどころか、余裕のないこの子をさらに追い詰めることになり、逆効果になってしまいます。

なにをするべきか?

最初は何もしなくて良いのです。

吠えているからと、落ち着かせようとして「大丈夫だよー。」と手を出せば、即座に噛み付いてきます。

このケースの場合、叱ったり、抑えこむ行為はこの子にとっては最悪な行為でしかありません。

怖がっているわけですから、追い詰める必要はないのです。

いったん距離をとる。

見守ることから始めます。

少しの刺激でもいっぱいいっぱいのライズくんは、即座に反応してしまいます。

いつものように、吠えまくり、靴に噛みつき、手にも噛み付いているのに、怯むどころか、笑顔の店長に戸惑うライズくん。

その様子を見ていたお客様が「この子が生きるあと数年間が楽しいものになったらな・・・」とポツリと言いました。

お客様は他にも犬を飼っており、その子達は問題ないとのこと。

そうなると、お客様だけの問題ではなく、この子が間違った方向に向いてしまっているのではないか?と思いました。

そんなことを私が考えていると、お客様が「やっぱり預けたいです。この子が変われる可能性があるなら。」と仰ってくださいました。

うん、やってみましょう。

難しいかもしれませんが、やるとなったら全力を尽くします。

お客様の気持ちに応えたいです。

見た感じ、ライズくんは、頭がとても良さそうに思いました。

ただ、今までのことからお客様自身も、お散歩や、人に会わせるたびに、また吠えるのではないか?噛むのではないか?という気持ちが強くなってしまい、それがライズくんに伝わり、また吠える、噛むという流れが出来上がってしまっていました。

今回のお預かりで、その悪い流れをぶった斬ります。

ライズくんがけたたましく吠え、噛むことは決してこの子の本意ではないと思います。

今までこの子は、自分を守るために、ずっと気を張り、虚勢を張り続けなければいけなかったのかなと思うと、何とも言えない気持ちになりました。

そこから解放してあげたい、違う世界を見せてあげたい。

この記事の題名は、わかりやすいようにしつけという表現を用いていますが、私はこの子に対してしつけをしようとか、トレーニングをしようというつもりはありません。

おそらく、今までにそういうしつけのようなものはお客様もやってこられたのではないかと思います。

でも、形ではないんですね。

心の、気持ちの問題なのです。

人間がリーダーになるとか、上に立つとかぶっちゃけどうでもいいです。

愛犬と戦うために犬を飼う人はいませんよね?

可愛いから犬を飼うわけです。

愛すべき犬を理解してあげるだけで、変わる子はガラッと変わります。

辛かった今までのことはもう過去のこと。

私の強烈で、熱い愛をライズくんにぶち込みます。

そして、合宿を通して、本当の意味でこの子の最初の理解者になりたいと思いました。

理解して、それを受け止めて、私がライズくんから受け取った気持ちを大好きなお母さんに伝えるのです。

どこまでやれるかわかりませんが、最終日にお客様とライズくんが笑顔で帰れたら嬉しいなと思ってお預かりすることにしました。

私も10歳近くの犬がどこまで変われるのかを見てみたいと思いました。

チワワ合宿 ライズ_8555

こうして、最高齢の犬の合宿が始まりました。

吠えようが、噛み付いてこようが全てスルーします。

まずは、ひたすら観察させること。

落ち着かせること。

チワワ合宿 ライズ_1508

初日終了。

チワワ合宿 ライズ_5391

2日目。

苦手な散歩に連れ出します。

店内で群れに馴染ませるのもいいですが、散歩に一対一で行くことで、その子の特性がわかることも多く、散歩をクリア出来るようになると、一気に自信が付き、それと同時に信頼関係も深まります。

ライズくん、最初から歩く気ゼロ\(^^)/

チワワ合宿 ライズ_606

車への反応を見たかったので、駒沢通りを代官山方向に向かいます。

止まって、歩いてをひたすら繰り返し、なんとか数百メートル進みましたが、ある場所から全く進まなくなりました。

鎗ヶ崎交差点の手前の横断歩道の場所です。

すぐ近くに駒沢通り、反対側には電車が通り、ガード沿いから駒沢通りに合流しようとする車、人が交わる場所です。

チワワ合宿 ライズ_3692

どうしても進めません。

10分近くいても進めず。

チワワ合宿 ライズ_2120

抱っこをして旧山手通りからさらに進みますが、また止まる・・

チワワ合宿 ライズ_1644

怖いんだよね。

チワワ合宿 ライズ_7049

チワワ合宿 ライズ_9395

ここには20分くらい立ち止っていたでしょうか?

しかし、怖がるから、嫌がっているからとすぐに諦めてしまってはいつまでも散歩に慣れることが出来ません。

声も基本的にかけません。

ライズくんは立ち止まって、左右、前後を見て、人、車、様々な音を見聞きし、必死に自分の中で消化しようとしています。

そこに声をかけすぎると、頑張って考えているところをあえてシャットダウンしてしまうことになります。

立ち止まる犬と、その犬に話しかけるわけでもなく、抱っこするわけでもなく、ひたすたじっと立って真剣な顔をしている私は端から見ると異様な光景に映るのではないかと思います(笑)

すれ違う人から、こいつさっきからここで何やってんだ?という視線がバンバン飛んできますが、気にしません。

ライズくんの限界ギリギリまで、じっと見守り、ライズくんが何が怖いのか?何に対して反応しているのかを、ひたすら一緒に考えるのです。

目を、耳を、尾を、体全体を見て、ライズくんが何を感じているのかをひたすらこちらも感じ取る。

そして、ライズくんの気持ちに限界がきたら切り上げます。

チワワ合宿 ライズ_4099

場所が変わって、少しホッとしていますね。

チワワ合宿 ライズ_7871

ん?

表情に少し余裕が出てきたかな?

刺激が強かったあの交差点から静かな脇道に入ったことで、いきなり歩き始めました!!

怖がりながらで余裕はまだ無く、かなりの早足ですが、歩けたという事実には変わりありません。

チワワ合宿 ライズ_566

店長、静かに喜びました(*´ー`*)

散歩から帰り、昼過ぎにすでに群れと、散歩の影響が出ていることに気が付きました。

昨日、ずーっと吠えていたライズくんがほとんど吠えなくなっていたからです。

昨日、あれだけ吠えても怖がるどころか、なぜかニヤニヤしている店長、小次郎はいつものように、またうるさいのが来たなぁという感じでスルーしていましたが、ライズくんが威嚇のために吠えて、噛む素振りを見せた瞬間に低い声で唸り、それでライズくんはそれ以上小次郎に近づくことは出来なくなりました。

UGの群れにハッタリは通用しません。

小次郎のたまに見せるこういうところがカッコいいなぁ(*´ω`*)と思います。

そして、周りのみんなもホテルに来ている子は社会化が入っている子たちなので、本気ではなく威嚇でライズくんが目の前で吠えても反応すらしません。

すると、どうなるか?

ブレない人間と、群れの犬達に対して吠える必要が無くなるのです。

2日目にして、昨日とは違う姿を見せたライズくん。

昨日、噛み付いたスタッフにもうっとりしながら撫でられようになりました。

この時、確信しました。

やはりこの子は頭がいい。

まだまだ変われる。

緊張と不安を脱し、もうボクは頑張らなくていいんだ、普通にしてていいんだ。と納得してくれました。

残りの日数で、リラックスさせつつ、お家に帰っても元に戻らないように、ライズくんの頭の良さを生かし、本当の意味での自信を付けさせます。

チワワ合宿 ライズ_7993

他の犬が大丈夫になってきたなら、夕飯はみんなで揃って、

チワワ合宿 ライズ_6680

頂きますっ!!

ライズくんは昨日までは他の犬の近くに寄るどころか、近くに吠えないでいることすら出来ませんでした。

それがこの変化。

素晴らしいですね。

2日目終了。

チワワ合宿 ライズ_4065

3日目。

あれ?

君は、合宿組のチワワのゆずきくんじゃないか。

お泊まりに来てくれました♪

お家に帰っても、だいぶいい感じだそうで、この前はドッグカフェに行ったとか(*^^*)

成長した姿が早く見たくて、店長は会いたくてうずうずしていました♪

ところが・・・

お店に入って来たゆずきくんはかなり興奮していて、バッグの中から「なんだこらぁー!!」くらいの勢いで吠えまくってましたが、私が「おいおい、ずいぶん吠えるねぇ。何してんの?」と声をかけるも「うるせー、誰だお前は!!」と吠えまくり。

「忘れたの?店長だよ。」

「店長っ!?誰だそれ!!ん?てんちょう?てんちょ・・・・あ、あれ?店長じゃないですか(・∀・)」

「元気そうでなによりだね。」

「店長、お久しぶりです!!フセします!!これでどうですかっ!!」と前回の合宿同様、切れのいいフセをするゆずきくん(笑)

相変わらず素晴らしいフセです(笑)

久しぶりのUG、楽しんで帰ってね♪

チワワ合宿 ライズ_7036

さて、ライズくんは今日もお散歩からのスタート。

チワワ合宿 ライズ_5767

少し歩くと、

チワワ合宿 ライズ_5319

やはり昨日と同じ場所で立ち止まってしまいます。

この道を歩くのはまだ無理なのかなぁ。

チワワ合宿 ライズ_6314

うん、歩く気はまだないですね。

また静かな道に戻ります。

チワワ合宿 ライズ_7013

やはり、静かな道に来ると表情が変わります。

チワワ合宿 ライズ_9390

人も車も通らない道で立ち止まらないで歩く練習をしてみます。

広い道は避け、ひたすた細い路地を歩いていると、だんだんリズムが出てきました。

そして、立ち止まらないで歩くことが出来るようになってきました。

今までの「歩いてみようよ」→「怖いからイヤだ」という流れが、次第に「歩いてみようよ」→「店長のこと信じていいの?」→「もちろん!」→「じゃあ、信じて付いて行く。」という流れになりました。

チワワは頑固ですが、一度認めた相手にはとことん尽くすという特性があります。

そこにいくまでのプロセスが大変で、そこを急いだり、変に媚びたり、強制しようとしたりすると、拒否をするどころか、その相手を信じなくなるケースがチワワの場合は多いような気がします。

決して、チワワを相手にブレないこと、こちらの意図することをしつこすぎない程度に伝え続けることが重要です。

チワワ合宿 ライズ_8773

歩けるんだ。という自信をもっと付けさせたい。

いったんお店に戻ります。

最初はアウェーだったお店は、次第にホームに変わっていきます。

散歩に行く→お店に戻るということを繰り返すうちに、散歩から帰るとホッとしているライズくんの様子を感じました。

チワワ合宿 ライズ_869

私を信じてくれたライズくん、もしかして今度はいけるのではないか?と思い、再び散歩へ。

やっと私とライズくんは代官山に来ることができました(´;ω;`)

嬉しすぎます。

この日は日曜日。

たくさんの人と犬がいて、人混みをすり抜けながらでないと歩けないくらいの混み具合でしたが、一度も立ち止まることなくここまでこれました。

たった数時間前までは、普通に歩けなかったのに・・・

1度、私を信じてくれたならば、たくさん人がいようとも、犬と近くですれ違おうとも関係ないのです。

「店長が大丈夫って言えば大丈夫。信じてボクは付いていく。」

最近、合宿に来たちょびくんもゆずきくんもそうでしたね。

いったん心を許した後は、こちらの期待にことごとく応えてくれました(*^^*)

チワワのこういう実直なところが私は大好きなのです。

チワワ合宿 ライズ_3437

さらに歩ける距離を伸ばし、

チワワ合宿 ライズ_3080

池尻の方までこれました。

チワワ合宿 ライズ_7284

だんだん群れにも馴染んできたライズくん。

昨日までは、端っこのスペースにじっとしていたというか、そこから動けませんでしたが、

チワワ合宿 ライズ_8189

自信が付いてきた今日は、みんなが遊んでいるスペースにあるベッドで休めるまでになりました。

目の前で、みんなが騒いでも大丈夫だということがわかったのです。

UGの群れは強烈なメンバーが揃っていますが、むやみに攻撃的になったり、いじめたりする子はいません。

もし、いたとしても群れの和を乱す行為は私が許しません。

チワワ合宿 ライズ_3667

しかし、そんな中、ライズくんに小さな試練が待ち受けていました\(^^)/

前回の記事でも紹介した、社会化と群れを10日間、体験しにきた子犬のコタロウくん。

物怖せず、怒られるとわかっているのに、リーダーの小次郎に、1日に1回は遊ぼうよ~♪と襲撃しては叱られていた、ハッピーな男の子です☆

隣で寝ているコタロウくんに対して、もうすでにこっちに来るなよオーラ全開のライズくん。

小次郎に向かっていくくらいのコタロウくんなので、止まるわけがありません(笑)

チワワ合宿 ライズ_6710

コタロウ「おじちゃーん、ボクと一緒にお昼寝しよー♪」

ライズ「あ?(゜ロ゜;ノ)ノ」

唸る間もなくベッドに入ってくるコタロウくん。

チワワ合宿 ライズ_7588

店長「ライズー、わかってるね?まだ小さい子犬だからね?先輩なんだから我慢だよー。」

ライズ「チッ!なんだこいつ・・・」

めっちゃイラつくも、我慢するライズくん(笑)

チワワ合宿 ライズ_6557

ライズ「めんどくせー、隣に移動しよう。」と隣のベッドに移った瞬間に、背後に忍び寄る影が・・・(笑)

チワワ合宿 ライズ_9937

コタロウくん、またしてもライズくんのベッドにIN♡

コタロウ「触れ合うぬくもりっていいよね☆」

ライズ「こいつ、何なんだ!?」

合宿に来る前だったら吠えまくって、それでも引かなければ噛みつけばどうにかなっていたのに、UGの群れではそんなものは通用しないことをライズくんは身を持って学んでいました。

相手は子犬。

年上のライズくんが我慢するところはしないといけません。

コタロウくんも、群れの先輩にお店に来た頃は叱られまくったので、唸るライズくんを相手に、本気で叱られるギリギリの線をいくようになっていました。

ここまでなら叱られないという線引が、コタロウくんはお泊りの間に学んでいたのです。

4ヶ月の子犬と10歳になるシニアわんこの普段ではありえない交流(笑)!?

チワワ合宿 ライズ_5265

コタロウ「エヘヘ、このおじちゃん、ちょっと怖いけどボク大好きー☆」

ライズ「何も言えねえ・・・・」

チワワ合宿 ライズ_9910

合宿中は、今までに経験したことがないこと、一見ストレスになりそうなことなど、その子が壊れないように細心の注意を払いながらも、負荷をどんどんかけていきます。

怖いから、嫌がっているから可哀想。

吠えちゃうから、噛んじゃうから、叱る、なだめるのではなく、その子を見ながら学習の機会を与えなければ、いつまでも成長は出来ません。

ライズくんは1歳までの育ち方もありますが、過去は変えられません。

前を向く。

ライズくんを今まで出会った中の人間で私が一番信じてあげること。

松岡修三さんなみに声はかけませんが、お前は出来るんだ!!という熱い気持ちを届けるのです。

チワワ合宿 ライズ_3726

この光景が見たかった。

初日では考えられない、みんながいる中でのお昼寝。

チワワ合宿 ライズ_9611

ガチガチに緊張し、常に気を張っていた初日から大きな変化です。

チワワ合宿 ライズ_3882

そして、夜のお散歩はリーダーの小次郎と。

すごい!!

チワワ合宿 ライズ_8604

サクサク歩きます。

その歩様は数時間前のビクビクした感じはありません。

チワワ合宿 ライズ_5189

ゆずき「店長、ボクのこと忘れてないよね?」

今日もフセをして店長を見つめるゆずきくん(笑)

忘れるもんか。

店長はゆずきが大好きなんだからぁ~(*´∀`)♪

3日目終了(笑)

チワワ合宿 ライズ_6389

4日目。

いったん信じたらとことん信じる。

チワワの特性が本領発揮!!

ライズ「別にみんなと遊べるほど仲良くはないけど、店長が行こうって言うならボクは付いていく。」

24時間前までほとんど歩けなかったライズくんが8頭一緒に平気で歩いています(^^)v

チワワ合宿 ライズ_4474

この経験は相当、ライズくんにとって、自信になったことでしょう。

まさか、ここまで私を信用してくれるとは想像していなかったので、私は幸せでした。

チワワ合宿 ライズ_1519

チワワ合宿 ライズ_1563

チワワ合宿 ライズ_9702

散歩から帰ってきたら、昨日よりもさらに自信が付いて、やっとベッドにあごを乗せて休めるようになりました(*^^*)

チワワ合宿 ライズ_840

昨日は寝たけれども、あごは着けることは出来ませんでした。

まだ完全には警戒心を解いたわけではない状態でした。

さんご改め、もも_451

コタロウ「店長、こんな感じ!?」

うん、君はリラックスしすぎだから(笑)

チワワ合宿 ライズ_6252

うんうん(*^^*)

チワワ合宿 ライズ_5568

はー、もう泣きそうです。

周りではみんながプロレスごっこでギャーギャー言っているなかでのお昼寝。

嬉しすぎて、ずっと眺めていました。

合宿に来るまで、家族以外でライズくんが心を許した人はたった2人。

チワワ合宿 ライズ_1386

そんなライズくんが、今日初めて会ったスタッフが帰るときには甘えます。

どんどん心を許せる人が増えていく~♪ヽ(´▽`)/

チワワ合宿 ライズ_1406

うっとり♡

もっと撫でてー。

チワワ合宿 ライズ_4754

スタッフ帰れず(笑)

チワワ合宿 ライズ_3543

極楽~(*´∀`)♪

チワワ合宿 ライズ_4138

スタッフが帰るギリギリまで甘えていました(*^^*)

チワワ合宿 ライズ_2997

ゆずき「店長、ボクのこと・・・」

うん、忘れてないよ(笑)!!

ゆずきくんは今日でお家に帰ります♪

君こそ、今度来た時は、店長のこと忘れて吠えないでね(笑)

成長した姿が見れて嬉しかった!!

ありがとう(*≧∀≦*)

チワワ合宿 ライズ_3577

そこからは、日に日に自信を付けていき、それでも時には、

チワワ合宿 ライズ_9640

ライズ「ふー、みんないなくなって、やっと静かになったな。あのコタロウとかいう男の子も帰ったみたいだし、ゆっくり出来るかな。」

しかし、再び試練の時が(笑)

チワワ合宿 ライズ_7941

ん?

みやびどうした?

ライズ「まさか・・・」

チワワ合宿 ライズ_8845

みやび「ライズさん、一緒にお昼寝しよー♡」

ライズ「何なんだお前らはっ!!こっちに来るな!!店長、こいつら嫌だ(T_T)」

店長「仲良くお昼寝すればいいじゃん♪」

店長の言葉を無視し、即座に隣のベッドに移動するライズくん(笑)

チワワ合宿 ライズ_9463

するとすかさずみやびも・・・(笑)

チワワ合宿 ライズ_4153

何度も行ったり来たりを繰り返してもその度に付いてくるみやび\(^^)/

チワワ合宿 ライズ_1443

ライズ「何も言えねえ・・・」

でも、小次郎に続いてサブリーダーをしているみやびが他の犬にここまでべったりになることはほとんどありません。

基本的に、ちょっかいを出されたら、遠慮なく蹴散らすタイプなので(笑)

みやびの様子を見ると、ライズくんには付いていきたいと思わせるような、優しい兄貴肌のような部分があるのだと思います。

もしかすると、今までに吠えたり、噛み付いていたのも大事な家族を守ろうと、ライズくんなりに必死に動いていたのかもしれませんね。

チワワ合宿 ライズ_8927

1度信じたら、とことん相手に尽くすのがチワワ。

店長が休憩中もてんちょー、どこにいくのー、早くこっちにきてー。と熱い視線を送ります。

チワワ合宿 ライズ_8304

粘るライズくん。

チワワ合宿 ライズ_2306

あ、諦めた(笑)

チワワ合宿 ライズ_5868

どんどんリラックス出来るようになったライズくん。

時にはUGのお客様に抱っこしてもらったり♪

初日では会ったばかりの初対面の人に、大人しく抱かれるなんて考えられませんでしたが、うっとり♡

チワワ合宿 ライズ_207

最終日。

いよいよお迎えの時です。

さらに犬に慣れて、数日前は犬が近くに来たら移動していましたが、

チワワ合宿 ライズ_5527

一切動じることなく、どっしりと構えていられるようになりました(^^)v

チワワ合宿 ライズ_3370

周りに犬がいてもこの笑顔(*^^*)

本当に変わったなぁ。

嬉しいです!!

チワワ合宿 ライズ_8520

そして、お客様のお迎えの時間。

嬉しくて飛び上がって、吠えて喜びを爆発させます♪

何日かぶりにライズくんの吠え声を聞きました(笑)

頑張ったもんね、嬉しいよね(*^^*)

少し落ち着くのを待ってから、お散歩へ。

ライズくん、お母さんに変わった姿を見せてあげよう。

チワワ合宿 ライズ_6058

合宿に来る前とは全く違うライズくんの姿が(*^^*)

周りを気にせずに、スムーズに歩く、お母さんとライズくんだけの空間がそにはあります。

お母さんが歩けば、ライズくんも歩く。

指示も何も必要ありません。

ただ純粋に周りの風景を一緒に楽しみ、風を感じ、四季を楽しむ。

合宿前は吠えるために、近所を一回りするくらいでお散歩は終わっていたようですが、これからは色んな場所に行けますね(*^^*)

チワワ合宿 ライズ_8148

あまりの変化にお母さんの方が戸惑い気味!?

安心してください、付いてきてますよ(笑)

チワワ合宿 ライズ_8843

見てください、この笑顔を(*≧∀≦*)

チワワ合宿 ライズ_2304

甘えるライズくん。

よく頑張りました!!

チワワ合宿 ライズ_8375

これで合宿は終わりです。

早く帰ろう!!とお母さんを見つめるその目はとてもいい目をしていました。

正直、初日の様子を見て、ライズくんがここまで変われるとは思っていませんでした。

なぜ、合宿が上手くいったか?

それはひとえに、お母さんの惜しみない愛と、ライズくんの元々持っている性質の良さがあり、ズレていた部分を私が修正しただけなのです。

これが、服従をベースとしたしつけをやろうとしたら、ここまで短期間で我々を信じてくれなかったと思います。

何度も書きますが、ライズくんは人や犬に威張って吠えて、従わせようとして噛み付いていたわけではないのです。

そうしなければ自分を保つことが出来なかったのです。

極端に言えば、そうしないと生きてこれなかったのです。

自分を守るために。

でも、もう大丈夫。

これからは安心して暮らせます(*^^*)

お母さんを初め、家族みんなを信じて暮らしてもらいたいです。

ライズくんが、自分自身でもどうしてよいかわからない状況を、ブレない我々が空間で包み込み、暮らしやすい方向に導き、緊張や不安という殻を剥ぎ取り、それらから解放したら、穏やかなライズくんが表に出てきました。

お家に帰った後は、お散歩もスムーズに行けているとのこと(*^^*)

ただ、お友達のところの犬に会わせたら、かなり吠えてしまったそうです。

その時の動画を見させてもらいましたが、やはり威張って吠えているのではなく、混乱し、怖がって吠えているので冷静になるまで待ってあげたら、その後は少し落ち着いたそうです。

今までの9年間を考えると、今までに積み重ねてきたものがあるので、無理はさせずにゆっくり楽しんでもらいたいです。

これから、刺激を与えつつ、狭かった世界を少しずつ拡げていく。

でも、決して無理はさせないこと。

ライズくんが一番好きで、大切なのは家族の皆さんといることです。

もし、また元に戻りそうだったり、その傾向が見られたならば、またいつでも連れて来てください。

私やスタッフ、群れのみんなが何度でも緊張と不安を解除します(*^^*)

私はライズくんの初めての理解者ですので♪

もう、またおかしくなったらどうしよう、元に戻ったらどうしよう。と不安にならず、またダメになりそうだったらまたUGと店長のとこに行けばいいよね♪くらいに思ってもらえたら。

まずは楽しみましょう(*^^*)

ライズくんを信じましょう。

まぁ、もしUGに来た時はゆずきくんみたいに最初は吠えるかもしれませんが、すぐに店長を思い出すでしょう(笑)

人が変われば犬も変わる。

年をとっても変われるケースもあるということが今回の合宿で証明されたのではないでしょうか?

これからのライズくんの生活が楽しいものでありますように。

ライズくん、困ったらいつでもUGに帰って来ておいでね。

仲間のみんなが待ってるよ。

本当に良く頑張ったね。

ありがとう。

「10歳の犬でもしつけは間に合うのか?吠えて、噛むチワワの合宿。」への2件のフィードバック

  1. 初めてコメントします。
    いつもブログ読ませていただいてます。
    写真も多くて、文章も興味深く読んでおります。

    10歳のワンちゃんでもここまで変われるんだ!!と感動しました。
    うちにはもうすぐ2歳になるトイプードルが居ますが
    まさにこのチワワちゃんと同じだと思いました。
    怖くて自分を守ろうとして吠えている。

    田舎なのでここまでしてくれるところはなく
    保育園も一件しかなく、そこの方はお散歩中は他の犬に吠える前にUターンしたり、オヤツをずっと食べさせてくださいと言われ何か月もそれを実践してきましたが他犬に吠えてしまう事は治りません…。

    根本的に他のワンちゃんを見ても平気にさせてあげたいけど
    避けると言う方法しか教えてもらえないのが残念でした。

    近くならお願いしたいなとこのブログを読むたびに思ってます。
    遠いのでこのブログを見るだけでも少しは参考になりますので
    これからも色々と教えてください!!(ブログ上で!!)

    1. フランママさま、いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

      うーん、本当に近ければ見てあげたいですね・・・

      そこの保育園には犬友達はいるのでしょうか?

      これからもブログは書き続けますので、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

      コメントありがとうございました。

コメントは停止中です。