ビィ・ナチュラルルートシリーズ発売のお知らせ

カテゴリー: 製品・サービス
投稿日:

UGペット.comでも多くの愛用者様がいらっしゃるビィ・ナチュラルよりルートシリーズが新発売されます。製品特徴などを紹介致します。

製品特徴

ルートシリーズは、ほぼ全てにオーストラリア産の原料が使われており、使用されているタンパク源もカンガルー肉やヤギ肉といったユニークなものが使用されています。食物アレルギーが気になる場合にはゴート(ヤギ肉主原料)を、食物アレルギーが問題ない場合には、ブレンドかターキーを与えていただくのが良いかと思います。

製品ラインナップ

製品は「ブレンド」「ターキー」「ターキーライト」「ゴート」の4種類になります。

ブレンド

ブレンドは、カンガルー、ヤギ、七面鳥、鶏、サーモンと、5種類の動物性タンパク源が使用されています。鶏や七面鳥が入っているので、食物アレルギーが気になる場合には、選択肢から外れてしまいますが、そうでない場合には、様々なタンパク源を摂取することが出来るバランスの良いフードです。炭水化物源にはソルガム、ライ麦が使用されており、これらは低アレルゲンの炭水化物源です。

ビィ・ナチュラルのパピー、アダルト、シニアライトを与えて頂いている方はこちらがおすすめですが、アダルト、シニアライトからの移行ですとタンパク質が増える分、便が緩くなる可能性があります。軟便が続く場合には、成分構成が近いターキーが良いかと思います。

ターキー

ターキーは、七面鳥、カンガルー、鶏が主原料に使用されており、ブランドと比べると価格もリーズナブルになっており、ルートシリーズをまず試してみたいと考える方は、このターキーから始めていただくのが良いかと思います。

高たんぱくが苦手な子は、ブレンドよりターキーが良いかと思います。

ターキー ライト

ターキー ライトは、カロリーをかなり制限したドッグフードです。300Kcal/100gは、相当低いカロリーですので、肥満気味な子ですとこちらでまず適正体重に落としてからターキーへ移行していただくのが良いかと思います。ずっと与え続けるのはあまり推奨できないかと思います。

ゴート

こちらはヤギ肉という特殊なタンパク源を使用したドッグフードです。ヤギ肉とカンガルー肉が使われており、食物アレルギーが気になる愛犬にとって、選択肢の一つとなるかと思います。

ビィナチュラルアレルカットを与えて頂いている方はこちらがおすすめですが、アレルカットがカンガルー肉1種類だったのに対し、ゴートはヤギ肉とカンガルー肉なので、アレルギー対策フードとして考えるとアレルカットのほうが良いのではと思います。

こんな子にオススメ

安全性の高いオーストラリア原料を使用しながら、価格は頑張っている印象があります。食物アレルギーが問題ない子であれば、ブレンドかターキー、気になる子にはゴートが良いかと思います。サンプルのご用意もございますので、ぜひ御検討下さい。

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー: 製品・サービス
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

吉武 雄史UGpet Inc. 代表取締役社長

小学校の卒業文集に「ペットショップの店長になりたい」と夢を記し、20歳となり1年間アルバイトをして貯めた資金を元手として、明治大学在学中にUGペットを創業。現代表取締役社長を務める。愛犬はトイ・プードルのくるみとミニチュアダックスフントのビビ。

コメントはお気軽にどうぞ