ドクタープロドッグフードがリニューアル、主な変更点まとめ(2013年9月)

カテゴリー:
投稿日:

ドクタープロメディCドッグリニューアル
2013年の秋は多くのブランドでリニューアルがあり、ニチドウ社のドクタープロもリニューアルとなりました。中身も変わっているため、原材料の変更点などを解説していきます。

原材料

早速、ドクタープロ メディドッグCアダルトの原材料を比較してみます。

旧原材料
チキンミール、玄米、ブリューワーズライス、動物性油脂、コーングルテンミール、ターキーミール、トマト繊維、ドライミルク、全卵粉、サーモンミール、トルラ酵母、キャノラオイル、ビール酵母、塩化ナトリウム、パパイヤ抽出物、香料(ユッカ抽出物)、グルコサミン、ラクトフェリン、コンドロイチン硫酸、動物性ステロール(ビタミンD3源)、ビタミン(塩化コリン、C、A、B12、E、アスコルビン酸、ナイアシン、リボフラビン、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン)、ミネラル(第二リン酸カルシウム、塩化カリウム、硫化鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、亜鉛アミノ酸キレート、カルニチンマグネシウム、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、硫酸マンガン、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、パントテン酸カルシウム)
はリニューアル後に使われなくなった主原材料

後続品のドクタープロ チキン&ターキー 成犬用はこちらの原材料になっています。

新原材料
チキンミール、ブリューワーズライス、玄米、動物性油脂、オートミール、ターキーミール、天然香料、トマト繊維、サーモンミール、乾燥全卵、乾燥乳タンパク質、ビール酵母、トルラ酵母、キャノーラオイル、クランベリー、パパイヤ抽出物、ユッカ抽出物、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ラクトフェリン、クエン酸、レシチン、ビタミン類、ミネラル類、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
はリニューアル前には使われていなかった主原材料

コーングルテンミールが使用されなくなったのはプラスだと思います。代わりに追加されたオートミールは栄養が豊富な植物性タンパク源です。それ以外ほとんど変化は見られません。

成分

アダルト

ドクタープロ メディドッグCアダルトの成分表を比較してみます。

旧成分
粗蛋白質 26.0%以上、粗脂肪 15.0%以上、粗繊維 4.0%以下、粗灰分 7.0%以下、水分 10.0%以下、カロリー 352Kcal / 100g

ドクタープロ チキン&ターキー 成犬用の成分表はこちらです。

新成分表
粗蛋白質 27.0%以上、粗脂肪 14.0%以上、粗繊維 3.0%以下、粗灰分 6.0%以下、水分 10.0%以下、カロリー 362Kcal / 100g

成分も殆ど変わっていませんので、今までどおり与えていただいても問題ないと思います。

シニアライト

高齢犬用(旧名:シニアライト)の成分表を比較してみます。

旧成分
粗蛋白質 16%以上、粗脂肪 8%、粗繊維 5%以下、粗灰分 7%以下、水分 10%以下、リン 1.1%以上、カルシウム 1.2%以上、カロリー 303Kcal / 100g

ドクタープロ チキン&ターキー 高齢犬用の成分表はこちらです。

新成分表
粗蛋白質 21.0%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 4.0%以下、粗灰分 6.0%以下、水分 10.0%以下、カロリー 330Kcal / 100g

シニアライトは高齢犬用に変わって、タンパク質の量が変化しています。以前の16%はAAFCOの基準値がDMB(乾物値)で18%以上(2013年現在)ということを考えると低過ぎる値だったと思われるので、今回のリニューアルで適正になったと言えるかと思います。

まとめ

コーングルテンミールからオートミールへ変更されてクオリティアップしたDr.Proのご紹介でした。今回のリニューアルでは変更されていませんが、私はDr.Proの3フィッシュ2ポテトを推奨しております。3フィッシュ2ポテトはサーモンとなまず肉という低アレルゲンの動物性蛋白を使用しており、亜麻仁やキャノラ油で皮膚に良いとされるオメガ3脂肪酸も摂取できるため、食物アレルギーで皮膚が赤くなったり痒がったりしているわんちゃんなどには特におすすめをしております。よろしければご検討ください!

共有この記事が参考になりましたら、共有してみて下さい。
カテゴリー:
投稿日:
投稿者:

この記事の筆者

吉武 雄史UGpet Inc. 代表取締役社長

小学校の卒業文集に「ペットショップの店長になりたい」と夢を記し、20歳となり1年間アルバイトをして貯めた資金を元手として、明治大学在学中にUGペットを創業。現代表取締役社長を務める。愛犬はトイ・プードルのくるみとミニチュアダックスフントのビビ。

コメントはお気軽にどうぞ